痛くない脱毛でムダ毛を処理

毛穴に細い針を刺して電流を流し、その熱によって発毛組織を
凝固させるニードル脱毛は、針を刺したとき苦痛を伴います。
永久性が高く、一本ずつを確実に処理できますが、
痛みがあるというデメリットが原因でこ の方法を実施しているクリニックやエステの数は減少しつつあります。実際のところハイジニーナ脱毛や体の部位が多い脱毛だとかなりの時間をかけて施術していくのもこういったのが理由であるでしょう。

肌に優しく痛くない脱毛法 光脱毛

その代わりに、肌に優しく痛くない脱毛法として、一般化しつつあるのが光脱毛です。
光脱毛のやり方は、あらかじめ剃毛しておいた部分に、
肌を保護するジェルをぬり、そこに特別な光を照射するというもの。
痛みや刺激に対する反応には個人差がありますが、
照射の時に、ゴムでパチンと弾いたような、または、
一瞬ピリッと肌を軽くつねったような感覚を受けます。

メラニン色素に反応して発毛を抑制

メラニン色素にのみ反応する光の効力によって、毛根の毛母細胞を破壊し、
発毛を抑制します。痛みがないため、デリケートなVIOゾーンや顔の
お手入れにも適しており、肌への負担が少ないので、
炎症などのトラブルを起こすリスクも少ないのが魅力です。

照射後はアフターケアが必要

照射後は、アフターケアとして、肌を冷却して保湿ケアを施します。
肌に優しいとはいえ、施術を受けた当日は、念のため日焼けや
入浴は避けた方がいいでしょう。
毛の生えかわる毛周期に合わせたお手入れの回数を重ねるごとに、
ムダ毛が貧弱になり、やがて生えてこなくなります。
苦痛に耐える必要もなく、ツルツル&すべすべの美肌になれます。

光脱毛に必要な回数とは

光脱毛の原理はクリニックで利用されている医療レーザー脱毛と良く似ていますが、
出力が強く、脱毛効果が高い医療レーザーに比べるとややマイルドになってますので、
痛みが比較的軽い反面、光脱毛を行う回数はレーザーに
比べると1~2回程度多くなることがあります。

光脱毛の完了までの回数は脱毛部位やムダ毛のタイプ、肌色によっても異なる

光脱毛を完了させるまでに必要な回数は、部位やその人のムダ毛のタイプ、
肌の色などによっても異なってきます。
一般的に、光脱毛の効果が得られやすいのは、太いムダ毛で
量が少ないところとなっており、わきなどは4~6回程度で終了します。

一方、細い毛や産毛には反応しづらいということもあり、
産毛が広範囲にたくさん広がっている背中などは、
8~10回程度施術が必要になる場合もあります。

ただ、人によってムダ毛の量や太さは異なってきますし、
肌色とのコントラストがはっきりしているほど光脱毛の効果が現れやすいため、
実際に何回程度でムダ毛が目立たなくなるかということは、
施術を受けてみるまでは分かりません。

脱毛サロンでは標準的な回数でプランが組まれている

多くのサロンでは、部ごとに標準的な回数を決めてプランを組んでいます。
いずれにしても、適切な出力で光を照射しなければ、肌にダメージが伝わったり、
十分な脱毛効果が得られないということがあります。

サロンを利用するときには、脱毛効果の高さや技術力の評価が
高いところを選ぶようにしましょう。